七つの外湯めぐり

『当館の内風呂もおすすめですが、
「城崎温泉といったら、外湯」といわれるほどです。
それぞれ趣きの異なった七つの外湯がございます。
まちの散策がてら外湯もお楽しみください。

外湯地図
  • さとの湯
  • 御所の湯
  • 一の湯
  • 柳湯
  • 地蔵湯
  • まんだら湯
  • 鴻の湯
さとの湯
当館社長の「おすすめ」です!
当館から最も近い「さとの湯」は、JR城崎温泉駅に隣接する日本最大級の駅舎温泉です。 雄大な円山川(まるやまがわ)の流れを見下ろす展望露天風呂や、数種類のサウナが人気です。 和風と洋風の浴場が日替わりで男湯と女湯になりますので、2日連続で入浴すれば両方楽しめますが、開湯がお昼からなので1泊では無料での入浴は困難です。
屋外(屋根付き)に足湯も併設しています。
さとの湯
・洋風大浴場:洋風露天風呂・ハマームレスト・高温ドライサウナ・ミストサウナ・ジェットバス・バイブラバス・和風大浴場:和風露天風呂・うたせ湯・蒸し風呂・高温ドライサウナ・ペンギンサウナ・フィンランドサウナ・水風呂・ジェットバス・バイブラバス
■開湯時間 13:00~ 21:00
■入浴料 大人 800円,小学生以下400円
■定休日 毎週月曜日
■TEL 0796-32-0111
お杓文字当館には、「外湯めぐりのスタンプ帳」があります。7つの外湯のうち5つ以上の外湯を巡り、それらのスタンプを押された方には記念品として、温泉寺で祈祷していただいた「幸せを召し取れる(飯とれる)、お杓文字」を差し上げます。 思わぬ『幸せが舞い(米)込む』かも?
御所の湯
当館女将の「おすすめ」です!
「美人の湯(綺麗な方もますます美人になれる!)」と称される、女性に人気の外湯です。 「御所の湯」の所以は、文永4年(1267年)後堀河天皇の御姉であ られる安嘉門院が入湯されたことによると伝わっています。
京都御所を彷彿とさせる現在の建物は、平成17年7月に四所神社の 隣りに新築移転したもので、館内にも京都御所を模した「御池庭」 や地元産の杉丸太を組み上げてガラス屋根にした「天空風呂」などが あり、雅な雰囲気と共に、ゆったりとした開放感も感じることができます。
御所の湯
■開湯時間 7:00~ 23:00
■入浴料 大人 800円,小学生以下400円
■定休日 第1と第3の木曜日
■TEL 0796-32-2230
一の湯
温泉街のほぼ中心に位置する、城崎温泉の象徴とも言える外湯です!
江戸時代中期、温泉医学の創始者である後藤艮山(ごとうこんざん)の高弟、 香川修徳(かがわしゅうとく)が著した「一本堂薬選(いっぽんどうやくせ ん)」の中で、当時「新湯」といっていたこの湯を、「天下一」と賞賛したこ とから「一の湯」と名付けられました。 桃山様式の歌舞伎座を模した外観で、内部には山肌を削った半露天の洞窟風 呂の他、貸切り風呂もあります。開運招福の湯とも呼ばれています。
隣接する小庭に建つ「海内第一泉」の碑は、近代温泉学の権威・藤浪剛一(ふ じなみごういち)博士の書によるものです。 また、この碑の側には「足湯」があり多くの方々が利用されています。
一の湯
■開湯時間 7:00~ 23:00
■入浴料 大人 600円,小学生以下300円
■定休日 毎週水曜日
■TEL 0796-32-22
柳湯
「一の湯」の程近くにある「子授け・安産」の湯!
中国の名勝「西湖」から移植した柳の下から湧き出たという伝説の湯。
浴槽が深く、湯温が少し高いのが特徴です。待合路地なども城崎らしい 風情を感じさせます。また、足湯も併設しています。
ただし、開湯が15時なので朝はご利用になれません。ご注意ください。
柳湯
【お客様とのエピソード】
『今回は、赤ちゃんを授かりに来ました。』女将にこっそり教えてくれた或る日のお客様から、後日嬉しい便りが届きました。『お陰で 無事出産しました。』「主人と二人、手を取り合って喜んだことが昨日の事の様に思い出されます。」女将は「柳湯(子授け・安産の湯)」のお陰だと「信じています」。

 

■開湯時間 15:00~ 23:00
■入湯料 大人 600円,小学生以下300円
■定休日 毎週木曜日
■TEL 0796-32-2097

地蔵湯
当館からは「さとの湯」に次いで、近い外湯!
JR城崎温泉駅から駅前通りを見渡せば、当館のさらに先にモダンな建物が目に入ります。それが「地蔵湯」です。
外観は「和風灯篭」、六角形の窓は「玄武岩」をイメージして建てられました。この湯の源泉から地蔵尊が出たのでこの名があり、今も玄関前に祀られています。江戸時代にはすでに、「地元住民の憩いの外湯」として、また「衆生救いの湯」と親しまれていました。
地蔵湯
■開湯時間 7:00~ 23:00
■入浴料 大人 600円,小学生以下300円
■定休日 毎週金曜日
■TEL 0796-32-2097
まんだら湯
城崎温泉の歴史は「この湯から始まった!
歴史をさかのぼること約1300年前、道智上人(どうちしょうにん) の曼陀羅(まんだら)一千日祈願によって温泉が湧出したので、こ の名前がつけられました。
これら仏縁に因んで御堂を模した外観は、周りの緑に包まれて清楚 な趣きがあります。 露天の「木製の桶風呂」も人気です。
まんだら湯
■開湯時間 15:00~ 23:00
■入浴料 大人 600円,小学生以下300円
■定休日 毎週水曜日
■TEL 0796-32-2194
鴻の湯
コウノトリが教えてくれた温泉!
温泉街の最奥に位置する「鴻の湯」は、外湯の中で最も古くから開けた湯で、コウノトリが足の傷を癒していたことから発見されたとの伝えに基づいて名付けられました。
「山の湯」の雰囲気を醸す建築様式も相まった、閑静な湯です。外湯の中では比較的古く、また当館からは最も距離があることから、利用率は高くないものの、ヘビーユーザーには人気の外湯です。まちの散策も兼ねて、ご利用ください。
鴻の湯
■開湯時間 7:00~ 23:00
■入湯料 大人 600円,小学生以下300円
■定休日 毎週火曜日
■TEL 0796-32-2195